弁護士に依頼する場合

弁護士交通事故被害について、弁護士に相談できる内容とは、人身事故、死亡事故、過失割合、慰謝料請求、示談交渉、損害賠償、後遺障害、むちうち等があげられます。できるだけ保障や慰謝料を請求したい被害者側と、できるだけ安い金額で和解したい相手側との間には、必ずと言っていいほどトラブルがつきまといます。ましてや保険会社はその道のプロですので、あの手この手で被害者側を丸め込もうとしてきますので、個人で対応するには相当の知識と気力が求められます。しかしながら、被害者はそれでなくても交通事故のショックを受けており、自身で対応するのは現実的ではありません。交通事故に遭われた場合には、速やかに第三者に相談されることが必須になります。

交通事故の交渉は、弁護士を介さずに進めてしまうとリスクが大きい恐ろしい世界となります。保険会社は善意ではなく、仕事として治療費や慰謝料を支払いますので、できるだけ少なくしなければ利益が出ません。損害賠償等の問題については、全て法に基いて進められますので、法のスペシャリストである弁護士を間に介すことで、弁護士の報酬額も被害者の利害と一致する為、被害者側の立場を理解した、適切な損害賠償の提示がなされることになります。