弁護士への報酬形態

弁護士に相談すると、高額な費用が発生して、損害賠償を受け取ってもほとんど報酬の支払いに回ってしまうのではないか、最終的に費用倒れになっては意味がない、そう心配される方も多いと思います。不安をなくす為にも、弁護士の報酬形態について理解しておきましょう。

お札弁護士事務所によっても異なりますが、交通事故被害に関する相談についての弁護士費用には、最初に必要になるお金として「着手金」があります。これは、依頼する段階で発生する費用になり、原則返金されないお金になります。着手金は交通事故案件の難易度や請求額によって変動することがあります。そして、最も気になる費用として「成功報酬」があります。これは案件が成功した場合に、その程度に応じて終了時に発生する報酬になります。他にも、出張等にかかる日当、交通費等の実際に支出する必要がある実費といった費用があります。

成功報酬は決められた一定割合に基いて決定されますが、勝ち得た額によって変動しますので、少額であればその分成功報酬も少額になりますので、大きな心配は無用です。何より、弁護士は最初の段階で無料相談を受け付けているところがほとんどですので、まずは無料相談を利用されることをお勧めします。

弁護士に依頼する場合

弁護士交通事故被害について、弁護士に相談できる内容とは、人身事故、死亡事故、過失割合、慰謝料請求、示談交渉、損害賠償、後遺障害、むちうち等があげられます。できるだけ保障や慰謝料を請求したい被害者側と、できるだけ安い金額で和解したい相手側との間には、必ずと言っていいほどトラブルがつきまといます。ましてや保険会社はその道のプロですので、あの手この手で被害者側を丸め込もうとしてきますので、個人で対応するには相当の知識と気力が求められます。しかしながら、被害者はそれでなくても交通事故のショックを受けており、自身で対応するのは現実的ではありません。交通事故に遭われた場合には、速やかに第三者に相談されることが必須になります。

交通事故の交渉は、弁護士を介さずに進めてしまうとリスクが大きい恐ろしい世界となります。保険会社は善意ではなく、仕事として治療費や慰謝料を支払いますので、できるだけ少なくしなければ利益が出ません。損害賠償等の問題については、全て法に基いて進められますので、法のスペシャリストである弁護士を間に介すことで、弁護士の報酬額も被害者の利害と一致する為、被害者側の立場を理解した、適切な損害賠償の提示がなされることになります。

交通事故の被害相談

衝突交通事故は、ご自身が気をつけていても、避けられないことがあります。ある日突然交通事故の被害者になってしまった場合、不安にかられ、どう対処したら良いのか、どこに相談したら良いのか分からず、途方にくれてしまう方がほとんどでしょう。そうならない為にも、日頃からある程度の知識として知っておくことで、適切でスムーズな対処ができますので、備えとして勉強しておくことをお勧めします。

交通事故の被害者になった場合、まず思い浮かぶのは保険会社との交渉です。ただし、相手側の保険会社とご自身で交渉する場合、保険会社の基準に基づいた金額を提示してきますので、できるだけ低く抑えようとしてくることがほとんどです。そうなると素人には太刀打ちできず、適正価格より格段に低い賠償金額で合意してしまうリ0スクがありますので、実際問題として、被害者本人だけで対応・解決は難しいと考えておきましょう。例えば、怪我の治療を継続できるかどうか、仕事がある場合は休んでいる間の保障は、適正な慰謝料をもらえるかどうか、後遺障害の認定はどうなるのか等、本人だけでは手に負えない問題が多数発生してきます。

交通事故被害に遭われた場合、現実問題として、専門家である弁護士に相談されることがお勧めです。的確でスムーズなやりとり、将来への不安をなくす為にも、信頼できる弁護士に交通事故による示談交渉の相談をすることが最も効率的で安心できる方法と言えます。ここでは、弁護士に相談する際のポイントについて說明します。