弁護士への報酬形態

弁護士に相談すると、高額な費用が発生して、損害賠償を受け取ってもほとんど報酬の支払いに回ってしまうのではないか、最終的に費用倒れになっては意味がない、そう心配される方も多いと思います。不安をなくす為にも、弁護士の報酬形態について理解しておきましょう。

お札弁護士事務所によっても異なりますが、交通事故被害に関する相談についての弁護士費用には、最初に必要になるお金として「着手金」があります。これは、依頼する段階で発生する費用になり、原則返金されないお金になります。着手金は交通事故案件の難易度や請求額によって変動することがあります。そして、最も気になる費用として「成功報酬」があります。これは案件が成功した場合に、その程度に応じて終了時に発生する報酬になります。他にも、出張等にかかる日当、交通費等の実際に支出する必要がある実費といった費用があります。

成功報酬は決められた一定割合に基いて決定されますが、勝ち得た額によって変動しますので、少額であればその分成功報酬も少額になりますので、大きな心配は無用です。何より、弁護士は最初の段階で無料相談を受け付けているところがほとんどですので、まずは無料相談を利用されることをお勧めします。